革財布などのレザークラフト製品を作るときに厚みを微調整するうえで革漉き機が便利ですが、革漉き機を使う場合は革全体に使うというイメージを持ってもらえるとよいと思います。より細かいところや部分的なところを漉く場合には、「部分漉き」を使うのがよいと思います。この部分漉きは、一定の幅を漉き、薄くしたところを折り返したり、芯材の端が段差にならないように端の厚みをなくしたり、周囲の厚みを抑えるために縫い代を漉いたりするときに利用できます。革の間に挟んだり、貼り付けたりするパーツの場合、端に厚みがあることで、そこがデコボコになってしまい、ダメージや形が崩れやすくなることがあります。そのため、部分漉きはなるべく行っていく方がよいと考えられるのです。

こうして細かいところにもこだわって厚みを変えていくと、仕上がりをキレイにしてくれたり、完成品の表情をより豊かにしてくれます。なので、できる限りこの作業は行っていくと良いのではないかと思います。

この部分漉きを使う上で、より丁寧に作業を進めるには、よく研がれた切れ味のよい革包丁であることが大切だと私は思います。なので、革財布などを作るのであれば、革包丁の手入れにも力を入れる必要があります。