革財布などのレザークラフト製品を作るときに、革の寸法や厚みを調整することで、後の仕上がりがさらに良くなることがあります。もしプロのような仕上がりを求めるのであれば、できるだけ革の厚みを抑え、なおかつ強度を保つことが大切だと思います。ある知り合いのレザークラフト作家さんに話を伺った際には、パーツによっては厚みを0.1㎜単位で調整していくと聞いたことがあります。しかも、貼り合わせる枚数だったり、その革の強度、使う素材の質感などによって、それぞれ厚みをコントロールしているというのです。こうした微調整を上手にこなすのに便利な工具が「革漉き機」と呼ばれるモノです。この「革漉き機」がないと、プロのような仕上がりにするのは少しばかり難しいかもしれません。では誰もがこの「革漉き機」を手に入れなければならないかと言うとそうではありません。もし理想とする厚みがあるのであれば、それに一番近い厚みの革を探すのもよいと思います。また、どうしてもこだわりたいという方は、思い切って漉し業者に頼んでみるのもひとつの手だと思います。 厚みなどを調整することでよりよくなる作業などがあります。例えば、「曲げ貼り」と呼ばれる方法があるのですが、こちらは寸法が少し違うパーツを貼り合わせて革に曲がりクセを付ける手法のことです。この曲がり具合を決めるのが厚みだったりパーツの寸法の差だったりします。