革財布を作るときに、コバをキレイにすることは大切な工程の一つだと思います。ではコバとは一体何でしょうか。コバとは、いわゆる切り口や切れ端、端っこのことを意味します。コバは漢字では「木端」と書くそうで、切り口がまるで木の切れ端のように見えることでそう呼ばれるようになったと言われています。

コバをキレイにするためのひとつのポイントとして、貼り合わせた後に「チリ」を落とすことです。

革財布だけではなく、革製品全般に言えることだと思うのですが、革は扱っているうちに段々と伸びてきてしまうことがあり、いくら慎重に作業を進めたとしても、同じ形に裁断するのは難しいと思います。そこで、同じパーツを貼り合わせたいときには、まずは片方の面になる革を荒く裁っておき、もう一方の面の革と張り合わせた後でその荒く裁断した革の余ったところを切り落とします。この余ったところをレザークラフトでは「チリ」と言うそうです。この「チリ」というワードは、革財布などのレザークラフトを扱う上ではよく使われる言葉なので、覚えておくとよいでしょう。 この作業でのメリットとして挙げられるのは2つ。二つの革を合わせてから切り出すことで、切り口の段差をなくし、コバの仕上がりをより向上させることが出来ます。さらに、2つのパーツをそれぞれ正確に切り出すよりもこちらの作業の方がより作業効率を上げることが出来るのです。コバの段差をなくすことで、その後の作業もスムーズにいきやすくなるのもうれしいポイントです。